ここから本文です

八名信夫、青汁CMの「まずい、もう一杯」は「いい加減に考えた」フレーズだった

スポーツ報知 9月3日(土)14時7分配信

 俳優の八名信夫(81)が3日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演し、八名の起用で一躍全国区になった「青汁」CMの舞台裏を明かした。

 CMは八名が55歳、26年前の1990年に放送開始。スタッフからは、自分で考えたコメントを発言するようというオファーがあった。3か月契約だったので「いい加減に考えた」というフレーズが「まずい、もう一杯」だった。

 最近、新幹線の中で中学生に「青汁が乗っている」と言われたというエピソードを披露した八名は、「青汁が新幹線に乗るか!」と苦笑いしていた。

最終更新:9月3日(土)14時12分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。