ここから本文です

阪神・高山が先制打 能見に先制点プレゼント

デイリースポーツ 9月3日(土)19時6分配信

 「阪神-DeNA」(3日、甲子園球場)

 阪神の高山俊外野手(23)が、先制適時打を放った。四回1死二塁で、DeNA先発・山口の投じた外角高め直球を中前に運んだ。二走の北條が生還。好投を続ける先発・能見に先制点をプレゼントした。

 高山は「ここまでタイミングが合っていなかったので、空振りにならないように、コンパクトなスイングを心がけました。それがいい結果につながったと思います」と振り返った。

 なおも1死二塁で、福留は二ゴロ。2死三塁となりゴメスが打席に立ったが、右直に終わった。

最終更新:9月3日(土)21時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報