ここから本文です

【札幌新馬戦】重賞3勝ヤマカツエースの半妹ヤマカツグレースが差し切り勝ち

スポーツ報知 9月3日(土)15時14分配信

 3日の札幌5R・新馬(芝1500メートル=10頭立て)は、2015年ニュージーランドTなど重賞3勝を挙げるヤマカツエース(父キングカメハメハ)の半妹で、ハービンジャー産駒のヤマカツグレース(牝2歳、栗東・池添兼厩舎)が1番人気に応えた。勝ち時計は1分32秒5。

 スタートで後手を踏んだが、すぐに流れに乗って4番手を確保。4コーナーで2番手まで上がると、外からニシノエアレスが迫り、2頭で大きく外へ持ち出した。ニシノエアレスを振り切り、残り200メートルで追い出しを開始。内で粘るサクレエクスプレスをゴール手前で交わし、半馬身差でゴールした。

 騎乗した松岡は「ゲートはひと息だったし、敏感さもある。外から馬が来た時に反応し過ぎていた。今後は落ち着けるかがポイントだが、課題があった中で勝てた。1800メートルまでは大丈夫」と冷静に振り返った。

最終更新:9月3日(土)15時14分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。