ここから本文です

16年2Qの国内携帯電話出荷台数は前年同期比2.5%減の705万台 5四半期連続のマイナス成長

エコノミックニュース 9/3(土) 18:22配信

 IT専門調査会社 IDC Japanは、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2016年第2四半期(4月~6月)の出荷台数を発表した。

 それによると、2016年第2四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比2.5%減の705万台となり、5四半期連続のマイナス成長となった。しかしマイナス幅は前四半期(2016年第1四半期)の前年同期比12.1%減から大きく改善され、出荷台数は昨年の第2四半期とほぼ同じ水準まで回復したという。

 携帯電話の出荷台数が減る中、アップルは306万台のiPhoneを出荷し、前年同期比28.8%増のプラス成長となった。国内携帯電話市場で43.4%のシェアを獲得し、首位の座を維持している。トップ3では、NTTドコモ、auKDDI、ソフトバンクの3社に「Xperiaシリーズ」を提供しているソニーが第2位、「AQUOSシリーズ」のシャープが第3位となっている。

 スマートフォンの出荷台数は、619万台、前年同期比1.8%増のプラス成長となった。ベンダー別シェアにおいては、アップルが49.4%のシェア、以下の順位は携帯電話と同様、第2位にソニーがランクインし、シャープが第3位になった。

 「日本のスマートフォン市場は、成熟期を迎えたが、スマートフォンのアプリケーション市場は、今後大きな進展が期待できる。そのポテンシャルを示したのがPokemon GOである。拡張現実(AR)とLBC(Location-Based Computing)の機能が組み込まれている。さらに近年進化を遂げた音声認識、人工知能、IoT(Internet of Things)がモバイルアプリケーションに組み込まれる日は近い」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山雅弘氏は述べている。

 そして「このように多彩な最新機能を組み込んだアプリケーションをスマートアプリケーションと呼ぶならば、それはライフスタイルにデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をもたらし、スマートライフを実現する。そのときスマートフォンは、その中心的存在になる」とみているという。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:9/3(土) 18:22

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。