ここから本文です

KAT-TUN上田、涙にじませグループへの思い語る

デイリースポーツ 9月3日(土)20時24分配信

 充電期間に入ったKAT-TUNの上田竜也(32)が、3日放送のTBS系「炎の体育会TV SP」に出演。ジャニーズJr.を相手に「俺、KAT-TUNのことしか考えてないから」と涙をにじませながら、相次ぐメンバーの脱退に悩みながらも結束力を強くしていったグループと仲間への思いを語った。

 番組で上田は、ジャニーズJr.で結成されたジャニーズ陸上部を監督として率い、合宿中に焚き火を囲んで後輩たちと語り合った。

 その中で、上田は「今だから言えることだけど」とグループと仲間のありがたさを伝えた。

 上田はグループ結成当初を「最初は俺が強くて相手を倒せばいいやと思ってて。同じ場所に詰め込まれた感じがして、めちゃめちゃケンカした。KAT-TUNのメンバー全員とケンカした」と当時を振り返った。

 ただ「10年以上、メンバーと一緒にやってきて戦友みたいになってくる。足りない部分を補うってのがグループだから」と仲間への思いを吐露した。

 メンバーが抜けるたびに悩み「もうダメかなと正直、俺らも思ったこともあった」という。しかし「一番大事にしないといけないのは支えてくれるファン。裏切るわけにいかない」と残ったメンバーで結束を強くしていったことを明かした。そのたびに仲間の大切さを思い知り「俺らはメンバーのありがたみを3回味わっている」と語った。

 現メンバー3人が充電期間に入った今を「初めてバラバラになって、まあ、色んなことのありがたみが分かる。亀梨も中丸もがんばってるし、だから俺も本気でやる。俺、全部、KAT-TUNのことしか考えてないから」と語った。

 「みんなも(活動するうえで)早い段階で仲間の大事さに気づいて欲しい」と求め、これを聞いた後輩たちは涙をながして聞き入った。

最終更新:9月3日(土)20時45分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。