ここから本文です

今後重要になってくるというエッジコンピューティングとは

エコノミックニュース 9月3日(土)20時51分配信

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内エッジコンピューティング市場の分析結果を発表した。

広域に分散したモノや人をICTで連携させ社会やビジネスの効率を高めるには、IoT(Internet of Things)デバイスと、IoTデバイスから遠く離れたクラウドコンピューティングだけでは不十分で、IoTデバイスの近くでコンピューティング処理を行うエッジコンピューティングが必要であるということが広く認識されつつあるという。

 エッジコンピューティングは、中央のサーバーに対し、ネットワークのエッジ(末端)のユーザーに近いところでコンピューティング処理を行うことを意味し、これによってネットワークコストを抑えレスポンスのリアルタイム性を高めることができる。エッジコンピューティングと類似の概念としてフォグコンピューティングがある。エッジコンピューティングはこれまでも、Webパフォーマンスの向上を目的とするCDN(Content Delivery Network)などで広く利用されてきましたが、IoTにおいてその重要性に再び注目が集まっている。

 IoT時代において、エッジコンピューティングは、クラウドコンピューティングと並んで重要になるとIDCでは予測している。今回の調査では、国内ベンダーのエッジコンピューティングへの取り組みについて広く調査した。その結果、IoTで利用されるエッジコンピューティングの特徴として、以下の点が明らかになった。

 ・アナリティクス志向: IoTデバイスで生成された膨大なデータを、クラウドに集約せずに、IoTデバイスにより近いところでアナリティクス処理するために、エッジコンピューティングが利用される。

 ・システムの機能分散による全体最適化: システム全体(エッジ、クラウド、IoTデバイス)にインテリジェンス機能を分散し、これらを連携させることで、システム全体のコストや負荷を低減させることができる。

 ・異なるエッジ間で連携: エッジコンピューティングがデータ流通プラットフォームとなり、エッジ間でデータを流通させることで、企業や業界の壁を越えてデータを利活用する新たなソリューションとビジネス機会がつくられる。

 また、エッジコンピューティングは、エッジのロケーションによって、オンサイト型と広域ネットワーク内型の2つに分類することができ(参考資料図参照)、各々適するユースケース(用途)が異なること、および、クラウドコンピューティング同様、パブリック/プライベート/業界(コミュニティ)型などに分類されることもわかった。

 現在、エッジコンピューティングについての一般的な認識は、レスポンスのリアルタイム性を高めるための、IoT

Economic News

最終更新:9月3日(土)20時51分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]