ここから本文です

【F1】ペレス、シンガポールGPまでに今後を決定

ISM 9月3日(土)11時12分配信

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、シンガポールGPまでに今後について決定することができると予想している。

 フォースインディア代表のヴィジャイ・マルヤは、ペレスとの契約が残っていると主張しているが、ペレスと彼のスポンサーは今後に関する発表をまだ行なっていない。

 ペレスはウィリアムズやルノーへの移籍が噂されている。前者はフェリペ・マッサの今季限りでの引退が決定したことで、レースシートが1つ空席になった。また、ルノーは来年のドライバーラインナップを発表していない。

 木曜日にモンツァで行なわれたプレスカンファレンスで、ペレスは現在の状況について次のように述べている。

 「シンガポールまでにすべてを発表できるといいね」

 「僕がいつも望んでいたことが起きそうだから、すごくうれしいよ」

 “いつも望んでいたもの”について詳細を尋ねられたペレスは、「すぐにわかるよ」と答えている。

 フォースインディアはこれまで、非常に順調なシーズンを過ごしており、先週末のベルギーGPではウィリアムズを抜いてコンストラクターズチャンピオンシップ4位に躍り出た。

 ペレスは、チームの成功に貢献してきたことを誇りに思うと述べている。

 「奇跡なんかじゃない。僕たちはこの数年間、本当に努力してきたんだ。ついに今年、進歩が見られたんだと思う」

 「昨年、なんとかコンストラクターズで5位に入ることができた。本当に素晴らしい成果だったけれど、さらに前進するためには全員がとてつもなく努力しなければならないことはわかっている」

 「シーズンはまだ先が長い。4位を維持するのは簡単ではないだろうけれど、このレベルで戦っていることは本当に素晴らしい成果なんだ」

 「心から誇りに思えることだよ」(情報提供:GP Update)

最終更新:9月3日(土)11時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。