ここから本文です

FW本田圭佑「残りは全部勝つつもりでやる」 日本代表がタイで初練習

デイリースポーツ 9月3日(土)22時51分配信

 サッカー日本代表は3日、W杯アジア最終予選のタイ戦(6日・バンコク)に向けてバンコク市内で約1時間の初練習を行った。黒星スタートと、いきなり苦境に立たされたハリルJAPANだが、FW本田圭佑(ACミラン)は「残りは全部勝つつもりでやる。終わってみれば、たかが1敗だったと思えるように」と強気な発言でタイ戦の必勝を誓った。

 もう負けるつもりはない。W杯本大会に32チームが出場するようになった98年のフランス大会以降、アジア最終予選の初戦黒星のチームは、本大会に出場した前例がない。だが、そんなことは関係なかった。約1時間の練習を終えた本田は、前を見据えて話した。「危機感はある。ただ、僕らは前に進まないといけない。(過去の大会ではW杯出場の)確率が0%だから大会を棄権します、そういうわけにはいかないでしょ。あと9戦はやるんだから。そしてやるからには勝ちたい。(W杯に)出ないといけないという使命感は感じています」

 タイ戦会場である、ラジャマンガラスタジアムは、最大収容6万人超という大きなスタジアム。欧州サッカー熱の高いタイでは、日本戦はビッグマッチであり、観戦チケットはわずか1時間ほどで完売したという。まさに完全アウェーとなる可能性もあるが「とにかく自信を持って、ポジティブに挑んでいきたい。プレッシャーは初めからあるし、今まで、これ以上のプレッシャーも経験している」。所属クラブでは定位置をつかめていないが、W杯予選では出場した試合で7戦連続得点中と好調を維持。苦境をはねのけ、日本に勝利をもたらす。

最終更新:9月3日(土)22時57分

デイリースポーツ