ここから本文です

【六大学準硬式】4連覇狙う法大、東大相手に15得点大勝発進…秋季リーグ開幕

スポーツ報知 9月3日(土)19時27分配信

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 法大15―2東大(3日・早大東伏見)

 秋季リーグ戦が開幕。4季連続優勝を狙う法大が大勝発進した。初回、敵失に乗じて6点を先制して勢いに乗ると、着々と加点し大量リードを奪った。東大も小田健太(4年=時習館)のタイムリーなどで2点をかえしたが、室木大(3年=星稜)、廣田悠樹(1年=浦和学院)、松田一将(2年=新田)の継投で反撃を封じた。

 法大・永田直主将(4年=桐蔭学園)「打線がよくつながった。開幕戦を勝てたことがとてもよかった」

 東大・佐藤大智主将(4年=盛岡一)「初回、ミスで大量失点しまったことがすべて・流れが完全に相手へいってしまった。明日以降、春のデータをもとに対策を練って臨みたい」

最終更新:9月3日(土)19時27分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報