ここから本文です

【なでしこL杯2部】リーグ戦7位のASハリマ、日体大破り初代女王に

スポーツ報知 9月3日(土)19時42分配信

◆なでしこリーグ杯2部決勝 ASハリマ2(2―0、0―0)0日体大(3日・味の素フィールド西が丘)

 ASハリマが2-0で快勝し、チーム初タイトルを獲得。リーグ杯2部の初代女王に輝いた。

 ハリマは前半16分、左サイドからのスルーパスを受けた葛馬史奈(22)が持ち込んでゴール。28分には2部から日本代表に選出されたFW千葉園子(28)が前線から激しいプレッシャーをかけてボールを奪い、味方からのボールを千葉が再び受けて決めた。

 リーグ戦では7位に低迷するハリマ。今大会では準決勝でノジマをPK戦の末に下す大番狂わせ。勢いをそのまま決勝までつなげた。後半は圧倒的にボールを支配され、シュート数の比較では4―18と圧倒されたが、日体大の嶋田と植村の強力ツートップに落ち着いて対応し、ゴールを許さなかった。

 ハリマ・千葉園子「初タイトルなんでメッチャうれしい。(ゴールは)ああいうところの隙を狙うのは大切だと思う。監督ありがとうございます、という感じ。田渕監督は試合では怒鳴ってることが多いけどアットホームな監督。そういう田渕さんの下でサッカーが楽しいと思えたのでついて行きたい。(リーグは)7位だけどもっと頑張りたい。今大会では(優勝候補筆頭の)ノジマに初めて黒星を付けることができた。監督を信じてハリマのサッカーをやれば結果はついてくる」

 ハリマ・田渕径二監督「押し込まれる展開になるだろうと思っていた。前半はうまくはまって2点を先に取れた。精神的にも有利に試合を進めることができた」

最終更新:9月3日(土)19時42分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]