ここから本文です

松田翔太、自信作「ディアスポリス」が高雄映画祭オープニング作品に決定し喜ぶ

スポーツ報知 9月3日(土)20時48分配信

 俳優の松田翔太(30)と浜野謙太(35)が3日、東京・新宿バルト9で出演映画「ディアスポリス」(熊切和嘉監督)の初日舞台あいさつを行った。

 壇上では、同作が台湾・高雄映画祭(10月21日開幕)のオープニング作品に決定したことが発表。松田は会心の自信作だけに「単純にうれしいっすね」と喜びをかみしめた。

 まだ続編の可能性も十分。松田が「まだある気がして。一区切りしたくない」と言えば、熊切監督も「パート2の冒頭はこうしよう、という妄想ばかりしている」と頭の中ではすでに動き出しているようだった。

最終更新:9月4日(日)1時44分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。