ここから本文です

【大分】甲府をPK戦で撃破し天皇杯3回戦進出!GK修行が8人目・松橋のシュート止める

スポーツ報知 9月3日(土)21時38分配信

◆天皇杯 ▽2回戦 甲府0(PK6―7)0大分(3日・山梨中銀スタジアム)

 J3大分は3日、アウェーでJ1甲府と対戦し、延長戦でも無得点のまま決着がつかず、PK戦に突入。GK修行智仁(32)が、甲府の8人目キッカーのMF松橋優(31)が蹴ったライナー性のシュートを左へ横っ飛びし、ストップ。格上を破り、3回戦進出を決めた。修行は「120分、フィールドの選手が頑張ったなかでのPK戦でした。負けるわけにはいかなかった。必ず勝てると思って臨みました。(PKストップは)助走の入り、顔つき、雰囲気などを感じ、タイミングもバッチリ合いました。良かったです」と笑顔を見せた。

 3回戦に進んだことで22日に山梨中銀スタジアムでJ2清水と対戦する。19日にJ3第22節のC大阪U―23戦をホームで戦い、22日に山梨で天皇杯3回戦の清水戦、そして25日にアウェーでJ3第23節の富山戦を行う。移動も含めたハードスケジュール。片野坂知宏監督(45)は「スケジュールはタイとになるけど、(天皇杯を)勝ち上がって大分トリニータがどういうサッカーをするかを多くの人に知ってもらいたい」と言う。修行は「自分たちでボールを動かし、アグレッシブなサッカーを見せたいということだと思う。また、J3に落ちて大分の事を気にしてくれている方も全国にいるかもしれない。カタさん(片野坂監督)はアグレッシブに上を目指してやっているところを見てもらいと思っているんだと思います」と続いた。

最終更新:9月4日(日)0時14分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報