ここから本文です

【山形】今季公式戦最多5得点で圧勝し天皇杯3回戦へ!石崎監督「選手の気持ちが入っていた」

スポーツ報知 9月3日(土)23時13分配信

◆天皇杯 ▽2回戦 山形5―0群馬(3日、NDスタ)

 J2山形は、今季公式戦最多となる5点を奪い、同じJ2の群馬に圧勝した。

 前半9分、左サイドのMF川西翔太(27)が右足で先制弾。同29分にはMFディエゴ(32)が左足で2戦連発。同32分には右サイドのMF鈴木雄斗(22)も右足で決め、前半だけで3点を挙げた。

 後半に入っても、37分にボランチのMF松岡亮輔(31)が右足で今季公式戦初得点。44分にはFW林陵平(29)が頭で公式戦4戦連発。ゴールラッシュのトリを飾った。

 8月27日の関西1部・アルテリーヴォ和歌山との天皇杯1回戦(2○1)は延長の末に辛勝。石崎信弘監督(58)は「1回戦は関西リーグの相手にギリギリで勝った。この1週間のトレーニングでは、選手の気持ちが入っていた。それが5―0という結果につながったと思う」と、イレブンの気迫をたたえた。

 11日のアウェー・清水戦から再開するリーグ戦は、後半戦に入って9戦勝ちなしと苦戦中。指揮官は「いい準備をして、何としても結果を出したい」と、後半戦初勝利を見据えた。

最終更新:9月3日(土)23時13分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報