ここから本文です

【富山】J1鹿島と力の差…3失点完敗に

スポーツ報知 9月4日(日)6時4分配信

◆天皇杯 ▽2回戦 鹿島3―0富山(3日・カシマ)

 J3カターレ富山はJ1鹿島と対戦し、前半だけで2失点。0―3で敗れ、J1勢との同杯対戦は4戦全敗となった。

 カターレ富山とって、J1鹿島の“レッスン”は厳しかった。前半35分、MF西川が突破された自陣右サイドから先制点を献上。その4分後には鹿島MF柴崎に左足ボレーをたたき込まれて、一気に突き放された。

 3失点完敗だった。三浦泰年監督(51)は「鹿島はすべてにおいて、我々よりもスピード感があった。体の入れ方、寄せ方。J3とは、はるかに違うと選手は気づいたと思う」。唯一のチャンスは0―3の後半45分、DF三上の右クロスをゴール前でFW萱沼がワントラップして右足を振り抜いたが、大きく枠を外した。

 だが、ここで下を向くわけにはいかない。11日・藤枝戦(富山)から再開されるJ3は現在4位。残り10戦、J2、3入れ替え戦出場の2位・鹿児島とは4差だ。「この経験、敗戦をプラスにしてまた新たな準備をする」。ヤス監督は視線を上げた。(小沼 春彦)

最終更新:9月4日(日)6時4分

スポーツ報知