ここから本文です

ザ・ビートルズの記録映画、シガニー・ウィーバーらが出演

オリコン 9月4日(日)12時0分配信

 英ロックバンド、ザ・ビートルズのツアーを追ったドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』(22日公開)に、シガニー・ウィーバー、ウーピー・ゴールドバーグ、エルビス・コステロらが出演していることが3日、わかった。当時のライブの思い出などを語っている。

シガニー・ウィーバー14歳当時の写真

 『アポロ13』『ロン・ハワード』のロン・ハワード氏が監督を務める本作は、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から21年ぶりのアップル公式作品。ファン、メディア、各国のアーカイブから集めた100時間以上の貴重な未公開映像、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが新たに語る真相や、当時の関係者や著名人のインタビューを収録している。

 日本で上映される本編は、“日本限定版”として50年前の来日時のパートが特別に長く編集されており、武道館でのライブシーンも収められている。

 HOLLYWOOD BOWLのライブを鑑賞した14歳だったウィーバーは、ハワード監督が集めたアーカイブの中で発見されたことから出演することになり、鑑賞当時の貴重な写真も公開された。

 ウィーバーらのほか、日本公演を主催した中部日本放送(後のCBCテレビ)の依頼で写真集『ビートルズ 東京-100時間のロマン』を手掛け、ビートルズが宿泊したホテルの同フロアに寝泊まりし、4人の姿をカメラに収めることを許された唯一の日本人カメラマン・浅井慎平氏もインタビューに応じている。

最終更新:9月4日(日)12時0分

オリコン