ここから本文です

『こち亀』40年の歴史に幕 9・17に最終回、コミック200巻で完結

オリコン 9月3日(土)20時38分配信

 連載40周年を迎えた人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、今月17日発売の『週刊少年ジャンプ』42号(集英社)で、最終回を迎えることが3日、明らかになった。同じく17日に発売されるコミック200巻が最終巻となる。この日に行われた東京・神田明神での絵巻奉納式後の会見で作者の秋本治氏が発表した。

【画像】最終巻となるコミック200巻の表紙

 同作は1976年の連載開始から一度の休載もなく掲載され、アニメ化、実写ドラマ化・映画化もされる国民的コミックとして多くの人に愛されてきた。秋元氏は「びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです」と思いを語った。

 終了のタイミングについて「200巻ということで、区切りの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで」と説明。ジャンプ編集長から引き留めがあったことも明かした上で「やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いまして」と話した。

 また、「もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだたくさんあります」と余力があることをほのめかし、「機会があれば時々(ジャンプに)遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます」と、終了後も同誌に登場する可能性も示唆している。

 この日は『こち亀』40周年を記念して、秋元氏が全17枚のイラストを描きおろし、全長8メートルを越える絵巻を製作。作中にも度々登場し縁ある神田明神に「神宝」として永年奉納した。この絵巻は11日まで神田明神の祭祀殿で展示するほか、14日から9月26日まで日本橋高島屋で開催される「こち亀展」でも出張展示される。

最終更新:9月4日(日)8時7分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。