ここから本文です

オジー・オズボーン、歴史番組でそっくりさんと共演

BARKS 9月6日(火)11時9分配信

オジー・オズボーンのそっくりさん、リトル・オジーが、全米でヒストリー・チャンネルから放送中のオジーと息子ジャックの歴史番組『Ozzy and Jack’s World Detour』に出演しているそうだ。オジーが彼との共演を望んだらしい。

◆オジー・オズボーン&そっくりさん画像

リトル・オジーは、2012年、オーディション番組『America’s Got Talent』に出演し、審査員だったオジーの奥さんシャロンの前で「I’m Coming Home」を歌った。そっくりさんとして活動し、オジーやブラック・サバスの曲を歌うショウを開いているそうだ。

リトル・オジーはFacebookで、来週末(9月11日)放送される『Ozzy and Jack’s World Detour』に出演していることを明かした。「プリンス・オブ・ダークネス自身から、彼やジャックと番組に出演しないかと電話を貰った」そうだ。撮影は、米ヴァージニアで行なわれたという。

『Ozzy and Jack’s World Detour』は7月24日に放送がスタート。10エピソードあり、日本でも撮影が行なわれた。

Ako Suzuki

最終更新:9月6日(火)11時9分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。