ここから本文です

スラッシュ、ジョー・ボナマッサ、B.B.キングの追悼公演に出演

BARKS 9/6(火) 11:09配信

Grammy FoundationとGrammy Museumが木曜日(9月1日)、2015年5月に亡くなった巨匠B.B.キングの追悼公演を米カリフォルニア・ビバリーヒルズで開いた。

◆B.B.キング追悼公演画像

公演には、スラッシュ、ジョー・ボナマッサ、ケブ・モ、テデスキ・トラックス・バンドのデレク・トラックス&スーザン・テデスキ、ジミー・ヴォーン、ケニー・ウェイン・シェパード、ZZ・ワード、キングのバンドのリーダーだったJames "Boogaloo" Boldenらが出演した。

小学生でB.B.キングの前座を務めたボナマッサは、「B.B.は僕にインスピレーション、友情、アドバイス、それにステージをくれた。彼がいなかったら、僕はいまここに立っていなかっただろう」と話したそうだ。

ボナマッサは「Hummingbird」を、スラッシュが「Rock Me baby」、テデスキ&トラックス「How Blue Can You Get」、ケブ・モ「I Like To Live The Love」、シェパード「You Done Lost Your Good Thing Now/Woke Up This Morning」などをパフォーマンスし、最後に全員で「When Love Comes To Town」をプレイしたそうだ。

スラッシュは公演後、インスタグラムに写真を掲載し、「僕が大好きなギタリストの1人、B.B.キングの追悼公演でプレイするよう誘ってくれて、ありがとう。今夜、こんなに素晴らしいアーティスト達とジャムできて光栄だ」とコメントしている。

Ako Suzuki

最終更新:9/6(火) 11:09

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]