ここから本文です

小さな白い花、秋そよぐ伊吹 サラシナショウマ

岐阜新聞Web 9月3日(土)9時2分配信

 秋風が吹く岐阜・滋賀県境の伊吹山(1377メートル)の山頂付近で、サラシナショウマが見頃を迎えている。
 サラシナショウマはキンポウゲ科の多年草で山地や草原に自生し、無数の小さな白い花を穂状につける。
 伊吹山ドライブウェイによると、今年は例年よりも1週間早い7月下旬に開花。西登山道では今月初旬ごろまで楽しめるという。
 岐阜県神戸市から訪れた女性(61)は「太陽に照らされた姿はあでやかで、きれい」と話していた。

岐阜新聞社

最終更新:9月3日(土)11時21分

岐阜新聞Web