ここから本文です

一橋大ロースクール生「ゲイだ」とバラされ転落死 なぜ同級生は暴露したのか

BuzzFeed Japan 9/3(土) 6:00配信

同級生にゲイだとバラされた一橋大ロースクールの学生Aくん(当時25歳)が、苦しみ抜いた末、昨年8月24日に校舎6階から落ちて亡くなった。

この事件を報じたBuzzFeedには、多くのLGBT当事者たちから「私も同じような被害を受けた」という声が寄せられた。あまり公になっていないだけで、この問題は決して今回だけのものではない。

2人はどんな関係だったのか。なぜ、同級生Zくんは秘密をバラしたのか。悲劇を繰り返さないために、まずは事件の詳細を明らかにしたい。【渡辺一樹 / BuzzFeed Japan】

以下、遺族への取材や裁判資料などをもとに、2人の関係を再現した。Zくん側はBuzzFeedの取材に応じておらず、その主張は資料に基づくものだ。(追記:Zくんの代理人は、BuzzFeed Newsの取材に対し「現時点では申し上げることはございません」と話している。そのため、以下Zくん視点の記述は、Zくん側が公開の民事裁判の場に提出した答弁書に基づいている)

出会い

2人は2014年1月、一橋大ロースクール入学前のオリエンテーションで知り合った。4月に入学し、同じクラスになってからは、飲み会などで親交を深めていった。

ロースクールは大学卒業後、司法試験を受けるために入る専門大学院だ。40人程度のクラスで、一丸となって合格を目指す。

模擬裁判など、チームに分かれて共同作業をする機会も多い。行動を共にする時間が長く、全員の顔・名前がわかる。クラスの親密度は、大学というより高校までの雰囲気に近い。

一橋大ロースクールは全国の法科大学院の中で、2015年の司法試験合格率が全国トップだった。2クラスしかない少数精鋭。同級生は教室以外でも、研究室や食堂など、キャンパス内外のあちこちで顔を合わせる。

2人はクラスも選択コースも一緒で、毎日とまではいかなくても、頻繁に食事を共にしていた。週1回、都心のキャンパスで授業を受けるときには、他の仲間と一緒に神田で食事をするのが定番だったという。

Zくんは2015年1月、Aくんから「大きすぎたので着ていない」と、コートをもらった。そのお礼に、朝が弱いAくんにZくんがモーニングコールをかけ、起こしてあげていた。

同じ目標に向かって、切磋琢磨する日々。AくんはZくんを好きになり、いつしかその気持ちを、抑えられなくなっていた。

1/7ページ

最終更新:9/3(土) 22:20

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。