ここから本文です

柳田離脱も「やるしかない」 松田V打でホークスM20点灯、3連覇へ一歩前進

Full-Count 9月3日(土)7時20分配信

ようやくM20点灯も熾烈な優勝争い続く

 ようやく、その瞬間が訪れた。福岡ソフトバンクが2日、楽天を下し、2位の北海道日本ハムがオリックスに敗れたことで、今季初めて優勝マジック20が点灯した。決勝打を放った松田はヒーローインタビューで「今知ったので」と、インタビュアーからの質問で知り、驚きの表情を見せながら「一つずつ減らしていけるよう、チーム一丸となって頑張っていきたい」と闘志を燃やした。

【動画】ソフトバンク・松田のヒーローインタビュー

 勝つか引き分け、かつ、日本ハムの敗戦で点灯するマジック。これまで何度もその状況が生まれていたが、決めきれずにいた。この日も、終盤に3点リードを追い付かれる嫌な展開。だが9回2死一、三塁だった。マウンドは楽天守護神の松井裕。打席には松田が入った。ともにチーム内でのニックネームは“マッチ”。そんな「マッチ対決」を制したのは松田だった。

 松井裕も気合十分。力のある直球で追い込み、カウント2-2からチェンジアップで勝負を決めにいった。「松井君の落ちる球は良い。頭に入れながら、打てて良かった」と松田。ボール自体は理想のコースに行ったとみられるが、変化球を想定していた松田の読み勝ちだった。体全体を使ってすくい上げるようにはじき返すと、打球は右中間へ。2点適時三塁打となり、塁上で笑顔を爆発させた。

 1日の試合で、チームの軸でもある柳田が守備の際に右手薬指を骨折。この日、登録抹消となった。6週間という全治を考えれば、レギュラーシーズンでの復帰は厳しい状況。「ギータが骨折して、悔しい思いは本人が一番あると思う。いるメンバーでやっていくしかない」と松田。昨季トリプルスリーを達成した男の抜けた穴は大きすぎるが、そのショックを感じさせまいと、ナインは勝利という形で気持ちを示した。

 6月中のマジック点灯の可能性もあったほど、他チームを大きく引き離していたソフトバンク。だが、そこから日本ハムが15連勝を記録するなど、夏場に猛烈な追い上げを見せた。その差は一気に縮まり、ついに首位の座も明け渡した。苦しみながら食らい付き、再び首位に返り咲き、ようやくのマジック点灯。3連覇という大きな目標に、一歩前進した。

 とはいえ日本ハムとのゲーム差は1.5。柳田を欠いて臨む残り試合は、簡単なものではないだろう。油断することなく、一歩一歩戦っていきたい。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部

最終更新:9月3日(土)12時28分

Full-Count