ここから本文です

大型プロジェクトの管理はこれで大丈夫?三菱重工が頼るのはAI「ワトソン」

ニュースイッチ 9/3(土) 8:46配信

17年に実用化へ。地域ごとに受注前審査や契約形態などを詳細に分析

 三菱重工業は日本IBMの人工知能(AI)システム「ワトソン」を活用し、大型プロジェクトのリスク管理体制を高度化する。過去の契約文書や契約書に明記していないリスク、各国・地域の法律や判例などをAIが学習。収集したデータをもとにAIが受注前審査や契約形態などを詳細に分析し、受注後の潜在リスクを最小限に食い止める狙い。2017年度の実用化を目指す。

 三菱重工は4月1日付で全社の技術、マーケティング、調達などの機能を横断する「シェアードテクノロジー部門」を発足。同部門で全社のIT戦略を担うICTソリューション本部が、AIシステム開発の実務を担当する。IBMの協力を得て実用化を進めている。

 過去に手がけた大型輸出工事の契約書や工事の進捗(しんちょく)状況などを洗い出し、データベースを作成。新規案件の受注前にAIでデータを照会・分析して、潜在的なリスクを顕在化する。これをもとに応札や採算性を判断、受注後の損失リスクを最小限に抑える。

 ICT本部はAIとともにIoT(モノのインターネット)活用を注力分野に掲げる。発電プラント向けでは世界48のプラントでガスタービン117台を遠隔監視し、1台当たり約2000点のデータを収集。運転状況の監視や異常診断・予兆検知を手がける。今後はボイラや蒸気タービンを含むプラント全体の運用・保守(O&M)まで、サービスを拡大する計画だ。

 三菱重工は16年3月期までに大型客船事業で累計2375億円の特別損失を計上するなど、プロジェクト管理が課題となっている。自社で保有する知見やノウハウAIやIoTといった先端技術の導入で、リスク管理体制を盤石にする。

最終更新:9/3(土) 8:46

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。