ここから本文です

松田翔太、“俳優”浜野謙太を称賛「リズムがいい」 しつこく沖縄旅行に誘う【動画付き】

オリコン 9月3日(土)21時0分配信

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の松田翔太、浜野謙太が3日、都内で行われた映画『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』の初日舞台あいさつに出席した。

 2人は同作でバディを演じ、仲を深めた。浜野は「これで終わりにしたくない。俺、翔太と(もっと芝居が)やりたい」と必死に訴えると、松田は何を思ったのか「沖縄行きます?」と提案。浜野が「え? なんで!?」と戸惑うも、「じゃあ、沖縄行こうよ! まだ夏は終わってないって感じで」としつこく旅行に誘い、会場を笑わせた。

 同作は、すぎむらしんいち氏と脚本家リチャード・ウー氏による漫画の実写化で、連続ドラマに引き続き、劇場版が制作され、この日封切られた。ドラマで松田と初共演となった浜野は「ビビっていました。(身長差によって)目線も全然違うし。糾弾されたらどうしようって思ったけど、『バンド(在日ファンク)聞いています!』って言われた」とうれしそうに語った。

 松田は、浜野について「こういう感じだとは思っていませんでした」といい、「撮影中におならするし、どこかに出かけちゃうとか。弁当の食べ方も面白い。現場で誰かしらに突かれている印象しかない」と告白。それでも“俳優・浜野謙太”は「すごくリズムがいい。それがお芝居のリズムになっていて、だからこそ芝居がナチュラルに聞こえていた」と称賛した。

 舞台あいさつには熊切和嘉監督も登壇した。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:9月3日(土)21時0分

オリコン