ここから本文です

オスプレイ「結論急がず」 9月議会で諾否困難

佐賀新聞 9/3(土) 13:04配信

山口知事定例会見

 佐賀県の山口祥義知事は2日の定例記者会見で、佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画について、9月議会での受け入れ諾否の判断は難しいとの認識を示した。

【オスプレイ配備】

 -9月県議会で佐賀空港への配備計画受け入れ諾否に関する判断はあるか。

 知事 県議の皆さんの考え方も非常に重要と思っている。地元で聞いた意見を9月議会で話していただけるのではないかと思っているので、今までの流れからそのスケジュールになる可能性はあまり想定できない。結論を急ぐ考えはない。

 -佐世保市の防災訓練でオスプレイが使われた。将来的に佐賀県でも防災訓練で使ってみたいという考えはあるか。

 知事 オスプレイ自体がどういう形でどういう音を出すのか、一度知ってみたいとは思った。試乗するのではなく、近くで動きや音を感じるのは意義があると思う。「実際に来ないと分からん」という声もあると聞くので、これからいろんな検証をする中で、タイミングや状況に応じて、一度来てもらうこともあってもいいのでは。

【教育情報不正アクセス】

 -県立学校の教育情報システムへの不正アクセス事件について、県や県教委の責任の取り方についてどう考えるか。

 知事 教育委員会は独立しており、知事がやれることは限られているが、しっかり考えていただくよう申し出をすることは大事。教育委員会には自浄的に、現場を大事にしながら、何がミッションなのか踏まえた上で、第三者委員会の指摘を謙虚に受け止めてもらいたい。次回の「総合教育会議」で問題の説明を受けることになっている。

【新潟知事の出馬撤回】

 -新潟県の泉田裕彦知事が地元紙の報道を理由に出馬表明を撤回しているが、そのような知事の姿勢に関して所感を。

 知事 他県のことに口を挟むのはどうかと思うが、一般論的に言えば報道機関の向こう側に県民の皆さんがいて、そこに謙虚に、愚直に、まっすぐに向かい合っていきたい。思うように報道していただけないと感じることもあるが、それを含めて自分自身の見え方なのかなと。謙虚に状況に応じて対応をやって…ますかね? どうでしょうか。

最終更新:9/3(土) 13:04

佐賀新聞