ここから本文です

災害対応 熊本で考える 富士北稜高

山梨日日新聞 9月3日(土)9時13分配信 (有料記事)

有志がボランティア活動

 富士北稜高の生徒7人が8月、熊本地震の被災地を訪れ、ボランティア活動をした。被災者の引っ越しを手伝ったり、避難所を訪れ、生活の様子を見たりした。生徒たちは、活火山でもある富士山の麓に住んでいることを踏まえ、「災害はいつ起こるか分からない」と、日常の備えの必要性を再認識した。…本文:1,177文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9月3日(土)9時13分

山梨日日新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。