ここから本文です

水槽の中で床掃除、「ロンドン大火」350年のイベント

AFPBB News 9月3日(土)10時16分配信

(c)AFPBB News

【9月3日 AFP】英ロンドン(London)で2日、約4メートルの水槽の中で四苦八苦しながら新聞を読んだり、床や窓を掃除したりといった日課をこなすパフォーマンスが披露された。

 この6時間におよぶパフォーマンスを行ったのは、米ロサンゼルス(Los Angeles)を拠点とする「アーリー・モーニング・オペラ(Early Morning Opera)」。1666年に起こったロンドン大火(The Great Fire of London)から350年を迎えたことをしのぶイベントの一環として行われたもので、同時に、気候変動により多くの都市が洪水被害の脅威にさらされていることを訴える目的もある。(c)AFPBB News

最終更新:9月6日(火)12時31分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。