ここから本文です

鹿児島で1時間約120ミリ 50年に一度の記録的大雨

ウェザーマップ 9月3日(土)14時28分配信

 鹿児島県十島村(中之島)付近で、3日午後1時58分までの1時間に121ミリの猛烈な雨を観測したため、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。中之島では午前2時20分までの3時間雨量が、観測史上一位となる230.0ミリに達し、50年に一度の記録的な大雨になっている。

 台風12号による発達した雨雲がかかっているため、鹿児島県では局地的に猛烈な雨が降っている。九州南部では、あす4日にかけて局地的に猛烈な雨の降る所がある見込みで、大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要だ。
 
 記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測または解析したときに、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表される情報。

最終更新:9月3日(土)14時49分

ウェザーマップ