ここから本文です

長めの休息のあと、ジョコビッチはどう戦う? [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月3日(土)3時0分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の6日目、男子シングルス3回戦。

ジョコビッチは右腕にトラブル、ナダルの左手首は「そうひどくもなかった」 [全米オープン]

 もしかすると、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が得た長めの休息は実りを与えるかもしれない。その答えは土曜日の午後にわかる。

 全米オープンのディフェンディング・チャンピオンで、世界1位のジョコビッチは9月2日の金曜日の午後、アーサー・アッシュ・スタジアムでミカエル・ユーズニー(ロシア)と3回戦を戦う。

 ジョコビッチは右腕に問題が起きた月曜日の1回戦以降、1ポイントもプレーしていない。その試合で彼は5ゲームをプレーしたあとトレーナーを呼んで治療を受け、その後、いつもより遅いサービスを打ちながら、打ったあとには顔をしかめて腕や肘を曲げ伸ばしするなどしていた。そして彼は2010年以来、初めてグランドスラム大会の1回戦でセットを落とした。

 勝利したあともジョコビッチは腕に何が起きたかを話したがらず、「明日は、また別の日だ。全体的にいい感じを覚え、次の試合ではベストのパフォーマンスができるよう願っている」と言って話をそらした。

 そしてその「次の試合」は、水曜日にやってこなかった。というのも、彼は2回戦でイリ・ベセリ(イタリア)と対戦する予定だったが、ベセリが左前腕の炎症を理由に棄権してしまったのである。

 それによりジョコビッチは90時間の休みを手にしたあと、ユーズニーに対して“テスト”を行うことになった。ユーズニーは現在、世界61位だが、かつてトップ10だった選手で、2006年と2010年に全米で準決勝に進出している。彼は今週プレーした6セットのすべてを取っている。

 6月の全仏で優勝したことにより、生涯グランドスラム(キャリアの中で4つのグランドスラムをすべて制すること)と同時に4つのグランドスラム大会を連続で制した(2015年ウィンブルドン、全米、2016年全豪、全仏で優勝した)ジョコビッチは、そのときほとんど無敵に見えていた。しかし、ここ最近はつけいる隙がある様相を呈し始めた。彼はウィンブルドンでは3回戦で、リオ五輪では1回戦で敗れ、そのあと左手首の痛みによりシンシナティでのマスターズ出場を取り消した。

「毎日が僕らに乗り越えなければならないある種のチャレンジを提供しているんだよ」とジョコビッチは言っている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: Tennis: US Open: Serbia Novak Djokovic in action vs Poland Jerzy Janowicz during Men's 1st Round match at BJK National Tennis Center. Flushing, NY 8/29/2016 CREDIT: Carlos M. Saavedra (Photo by Carlos M. Saavedra /Sports Illustrated/Getty Images) (Set Number: SI524 TK1 )

最終更新:9月3日(土)3時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。