ここから本文です

「オレは彼らを信頼している。彼らもオレを信頼している」 伊代表入りへバロテッリはニースに賭ける

theWORLD(ザ・ワールド) 9/3(土) 12:15配信

イタリア代表にふさわしいレベルではないと認める

キエーヴォ、アヤックス、トルコ、中国など様々な行き先が噂される中、マリオ・バロテッリはフランスのニースに加入する道を選んだ。ニースは決してビッグクラブではなく、バロテッリにとっては本当に1からのスタートだ。

伊『Gianluca di marzio』によると、バロテッリはニースのプロジェクトが加入の決め手の1つになったと主張。また、ニースで成功を収めてイタリア代表に戻る希望があることも明かした。

「ニースはフットボール的判断から決めたんだ。いくつかのチームがコンタクトを取ってきたが、今年のオレにとって最も重要なのは試合に出ることだ。監督とも話をし、ニースのプロジェクトを気に入った。オレは彼らを信じているし、彼らもオレを信じている」

「イタリア代表?最近のオレがイタリア代表にふさわしくない存在だったのは事実だ。みんなオレが代表を気にかけていることを分かっているけど、今オレはここで上手くやることを考えないといけない。ニースに集中しないといけないんだ。もし代表に呼ばれるようになれば、それは素晴らしいことだ」

ニースといえば、今夏PSGへ移籍したFWハテム・ベン・アルファが所属していたクラブだ。ベン・アルファも天才と言われながら伸び悩み、ニースで何とか復活を遂げることができた。

ベン・アルファはニースから再びPSGへとステップアップを果たしたが、バロテッリも同じ道を辿ることができるのか。イタリアサッカー界もニースへの関心を強めていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/3(土) 12:15

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]