ここから本文です

東北地方唯一、高橋さんに奨励状 野球の審判員活動で

デーリー東北新聞社 9月3日(土)12時54分配信

 洋野町職員で、全日本野球協会などが認定した国際審判員を務める高橋勝利さん(42)が、「スポーツ審判員にかかるスポーツ庁長官奨励」を受けた。8月29日は、町役場に水上信宏町長を訪ねて喜びを報告。今後の活動に向けて決意を新たにした。

 日本スポーツの国際的な地位向上に結び付くと期待される審判員を奨励するもので、今年1月にスタート。今回は全競技から246人に奨励状が贈られた。うち野球競技は9人で、高橋さんは東北地方で唯一受けた。

 高橋さんは高校卒業後に町職員として勤務。1995年に町営球場「オーシャン・ビュー・スタジアム」ができたのをきっかけに、野球競技の振興を図ろうとアマチュア審判員として活動を始めた。

 「自分もずっと野球をやってきた。選手を一番に考え、裏方として支えたい」と精力的に活動。年間60~70試合の審判を担当している。国際審判員のライセンスも取得。昨年は大阪府などで開催された「第27回WBSCU―18ベースボールワールドカップ」の審判も務めた。

 報告式で、高橋さんは「最初はびっくりしたが名誉ある賞。家族や職場の理解があったおかげ」と笑顔を見せた。

 水上町長は「周囲への感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ってください」と激励した。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月3日(土)12時54分

デーリー東北新聞社