ここから本文です

ナダル、ストレート勝ちで全米OP3年ぶりの4回戦進出<男子テニス>

tennis365.net 9月3日(土)11時0分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク47位のA・クズネツォフ(ロシア)を6-1, 6-4, 6-2のストレートで下し、3年ぶりの4回戦進出を果たした。

【錦織vsマウー 1ポイント速報】

この試合、ナダルはファーストサービスが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得し、アンフォースドエラーを19本に抑えた。最後までクズネツォフに反撃の隙を与えず、1時間58分で勝利した。

4回戦では、第24シードのL・プイユ(フランス)と対戦する。両者は昨年のモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)で1度だけ対戦しており、その時はナダルがストレートで勝利している。

世界ランク5位のナダルは、8月のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の3位決定戦で錦織圭(日本)に敗れ、銅メダル獲得を逃した。その後のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では3回戦でB・チョリッチ(クロアチア)に完敗。

過去の全米オープンでは2010・2013年に優勝。2014年は右手首の負傷で欠場し、昨年は3回戦でF・フォニュイーニ(イタリア)にフルセットで敗れた。

tennis365.net

最終更新:9月3日(土)11時0分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。