ここから本文です

(サッカーW杯南米予選)ジェズスが2得点デビュー=チッチ新監督の初陣飾る

ニッケイ新聞 9/3(土) 6:16配信

(ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」3日付け)


 1日、エクアドルのキトでサッカーW杯南米予選第7節の対エクアドル戦が行われ、ブラジル代表(セレソン)はガブリエル・ジェズスの2得点の活躍などで3―0で快勝し、チッチ新監督の初采配となった試合を白星で飾った。2日付現地紙が報じている。


 チッチ監督はこの日、リオ五輪で活躍し、この日がセレソン・デビューとなった19歳のジェズスをセンター・フォワードに、コリンチャンス監督時代の教え子のパウリーニョとレナト・アウグストを2列目に置くという、ドゥンガ監督時代とがらりと違う先発で臨んだ。これが功を奏し、セレソンは前半から押し気味に試合を運んだ。

 最初の得点は後半24分、相手側ペナルティ・エリアでジェズスが押し倒されるファウルで得たチャンスを、ネイマールがフリー・キックを決め1点を先取した。

 さらに後半30分には、相手サイドバックのパレデスが、レナト・アウグストに後ろからぶつかり、右足を蹴ったことでレッドカードの退場処分となった。
 すると後半41分、マルセロからゴール前に受けたパスを、ジェズスが横を向いた状態から右足で方向を変えるようにゴールに押し込み、2点目をあげた。

 さらにロスタイムの46分には再度、ジェズスが、ネイマールからのペナルティ・エリア前のパスを受け流すように見せかけてディフェンダーを躊躇させたあと、ボールを豪快に蹴り上げてダメ押しの3点目をあげた。


 セレソンでのデビュー戦を2得点で決めたジェズスは「これ以上ない最高の滑り出しになった」と嬉しそうに語った。


 この勝利で、セレソンの順位は6位から5位に一つ上がったのみだが、1位のアルゼンチンとは2点差、ウルグアイ、コリンビア、エクアドルとは1点差となり、W杯出場枠内に近づいた。

 次戦は6日、ブラジル内で行うコロンビア戦だ。

最終更新:9/3(土) 6:16

ニッケイ新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]