ここから本文です

ジョコビッチ 全米OP2・3回戦は相手棄権「経験したことない」<男子テニス>

tennis365.net 9/3(土) 13:02配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)はM・ユーズニー(ロシア)と対戦したが、第1セットをゲームカウント4-2とリードした時点で、ユーズニーが左太ももを負傷し棄権を申し入れたため、労せず10年連続のベスト16進出を果たした。

【錦織vsマウー 1ポイント速報】

31日の2回戦も対戦予定だったJ・ヴェセリ(チェコ共和国)が左前腕の炎症を理由に棄権。ジョコビッチはこれで2試合連続で、対戦相手の棄権で不戦勝となった。

1回戦途中で右腕に治療を受けるなど、万全な状態ではなかったジョコビッチは2・3回戦合わせて、わずか31分しか戦っていない。

「これまでのテニス人生で、どんなグランドスラムでも、こんなことは経験したことがない。シーズンの終盤に、試合に要した時間や、体に対しての負担を考えると、数日のオフが持てるのは正直嬉しかったし、こんな短い試合で済んだこともある意味ありがたい」と素直な感想を述べた。

そして「別の見方をするなら、グランドスラムの2週目へ向けて、ある程度の試合をこなして、トップ選手と対戦する前にセンターコートでプレーしておきたかった気持ちもある」と複雑な想いも打ち明けた。

ユーズニーはゲームカウント1-4のコートチェンジの時にトレーナーを要求し、左太ももの治療を受けてテーピングを施してコートへ戻った。続く第6ゲームでは自身のサービスゲームをキープしたが、その直後にジョコビッチへ握手を求め棄権を申し入れた。

2006年と2010年の全米オープンで4強のユーズニーは元トップ10選手だが、怪我などで世界ランキングを下げており、現在は61位まで戻している途中だった。

元世界ランク1位のBo・ベッカー(ドイツ)がコーチとして帯同しているジョコビッチは「色々なことを練習する必要がある。それがスポーツの美しいところ。日々変わってくる。コートでは、毎日違うことにチャレンジしている」とコメント。

「グランドスラムの第1週は、明らかに100パーセントではない。それは大会を戦い抜く方法でもある。ここまで実戦をこなすことがあまり出来ていない。練習コートでボールを打つしかない」と調整の難しさも語っていた。

この日の試合後、ジョコビッチは試合用の白のウエアから緑のTシャツへ着替えると1時間ほど練習した。コーチのベッカーが見守る中、ジョコビッチは何度もサービスを打っていた。そして練習相手のサービスを何度もリターンした。

左手首に不安を抱えた状態で今大会に臨んでいるジョコビッチは29日に行われた1回戦で、右腕に治療を受けるシーンがあった。わずか5ゲーム戦った後に、トレーナーからマッサージを受け、その後も腕を振ったりストレッチをしたり、サービスを打った後に顔をしかめたりもしていた。

また、グランドスラムの1回戦でセットを落としたのは、2010年以来だった。

「腕はかなり良くなっていて、全てが正しい方へ向かっている。初戦の時よりは、数段良くなっているのを確信している」

4日に予定されている4回戦では、やっと実戦での感触が掴めるかもしれない。8強をかけてジョコビッチは、第20シードのJ・イズナー(アメリカ)を6-4, 3-6, 6-2, 7-6 (7-5)で下したK・エドモンド(英国)と対戦する。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:9/3(土) 13:06

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。