ここから本文です

巨人クルーズが痛恨の判断ミスで4点目献上

Full-Count 9月3日(土)15時41分配信

4回までに4失点、苦しい展開続く巨人

 巨人のルイス・クルーズ内野手が3日の中日戦(東京ドーム)で痛恨の判断ミスを犯した。

 3点ビハインドの4回1死満塁。大島の強烈な打球は前進守備を敷いた二塁・クルーズの正面へ飛んだ。本塁ゲッツーを狙うと思いきや、クルーズは前進守備のために遅れて二塁ベースに入った遊撃・坂本へトス。これが併殺崩れとなり、その間に三塁走者・高橋が4点目のホームを踏んだ。

 前夜の初回1死満塁の守りでは平田の右前適時打で長野が本塁ストライク送球したが、捕手・小林誠が二塁走者にタッチせずに打者走者をアウトにするために二塁送球。巨人守備陣に集中力を欠いたプレーが続いている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月3日(土)15時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。