ここから本文です

「ペレスはアーセナルが欲しがっていたバーディだ。スペイン人版のね」ペレスはNewバーディとなるのか

theWORLD(ザ・ワールド) 9月3日(土)13時50分配信

アーセナルが獲得したペレスにかかる期待

今夏に頼れるストライカーを探していたアーセナルは、当初レスター・シティFWジェイミー・バーディ獲得に近づいていた。しかしバーディはレスターに残る決断を下し、アーセナルのFW探しは難航。最終的にやってきたのはデポルティーボに所属していたスペイン人FWルーカス・ペレスだった。

ビッグクラブではないデポルティーボでプレイしていたことからペレスの獲得に落胆したサポーターも少なくないはずだが、元アーセナルのマーティン・キーオン氏はペレスが良い選手だと主張している。

英『Daily Star』によると、キーオン氏はペレスがスペイン人版のバーディのような存在だと語り、アーセナルの攻撃に幅が生まれることに期待している。

「彼は素晴らしいスピードを持っているし、アーセナルはファイナルサードでのバリエーションが必要なんだ。ペレスはアーセナルが欲しがっていたバーディだ。スペイン人版のね」

バーディも数年前までは誰も存在を知らないFWだったが、昨季の大ブレイクで状況は一変。イングランド代表にまで選出されるに至った。ペレスもバーディと同じく大爆発する可能性もあり、良い意味でのサプライズに期待がかかる。ワールドクラスのストライカーを獲得できなかったことへの批判もあるはずだが、ペレスがアーセナルの求めたバーディになってくれるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月3日(土)13時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。