ここから本文です

元ブラジル代表カフーがプレミア屈指の右SBを褒めちぎる「21歳の頃の私にとても似ている」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月3日(土)18時1分配信

若きスペイン人に賛辞

かつてローマやミランなどでプレイし、ブラジル代表としても活躍したカフー氏が、急成長を遂げるアーセナルのスペイン人SBを称賛している。

左のロベルト・カルロスに右のカフー。世界最高の両翼を備えたブラジル代表の黄金期において、“超攻撃的右サイドバック”として君臨していたカフー氏。キャプテンマークを巻いて臨んだ2002年の日韓ワールドカップでトロフィーを空高く掲げたシーンは多くのサッカーファンの記憶に残っている。そんな英雄がプレミアリーグで徐々に存在感を高めているアーセナルのエクトル・ベジェリンについて語った。同クラブ公式twitterが伝えている。

「ベジェリンは私が21歳の頃にとてもよく似ているよ。ものすごく速くて素晴らしいプレイを見せている。将来が楽しみだ」

さらに同氏は他の名手についても言及した。

「エジル? 彼はファンタスティックで世界最高レベルさ。もちろん選手としてだけでなく、人間としても素晴らしいね」

疲れ知らずでパワフル、そして突出したスピードを誇っていたカフー氏だが、そんなレジェンドから称賛のコメントを受けたベジェリンは最高の気分に浸っていることだろう。同選手の今後のさらなる成長に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月3日(土)18時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]