ここから本文です

ファン・ハールは約束を守れない? マンU若手MF「モウリーニョは僕に対して誠実だ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/3(土) 18:10配信

モウリーニョとの違いを指摘される

出場機会の少なさから今年1月にレンタル移籍を希望したマンチェスター・ユナイテッドMFアンドレアス・ペレイラは、当時指揮を執ってたルイ・ファン・ハールにそれを止められてしまった。ファン・ハールはトップチームで出場機会を与えると約束したものの、最後までそれは起こらなかった。

英『Daily Mirror』によると、現在グラナダにレンタル移籍しているペレイラはジョゼ・モウリーニョとファン・ハールには違いがあるとコメント。ファン・ハールが自身との約束を守ることができなかったと失望していることを明かした。

「もちろん昨季プレイできなくて失望したよ。プレイしたかった。誰もがそう思っているし、僕も失望した。僕はファン・ハールを信頼していたけど、出場機会は与えられなかった。でもそれが人生で、学んでいくよ。でも今は違う。モウリーニョと話をしたし、彼は僕に対して誠実だ」

「ファン・ハールが悪い指揮官だとは言わないし、良い指揮官なんだと思うよ。でも、残念ながら彼は僕への言葉を守ることができなかったのさ」

ファン・ハールにとってトップ4に入れるかどうかも際どかった昨季はペレイラに出場機会を与えるほどの余裕すらなかったのかもしれない。どこか約束を守れなかった男のようになってしまい、ここでも現指揮官モウリーニョとの違いをいじられることになってしまった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/3(土) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報