ここから本文です

広島・松山が初回に先制打 黒田を援護

Full-Count 9/3(土) 17:24配信

新井に代わり4番に入った松山

 広島の松山竜平外野手が3日のヤクルト戦(神宮)で黒田博樹投手を援護する先制打を放った。

「4番・左翼」でスタメン。デイビーズの2球目、甘く入った143キロ直球を右中間へ打ち返した。一塁走者・丸が一気に本塁生還する適時二塁打となった。

 この日、ベテラン・新井貴浩が休養。今季ヤクルト戦2戦2勝のベテラン右腕へ、代役4番が強力援護した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/3(土) 17:25

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。