ここから本文です

女子は加藤真帆(信州大1年)が単複2冠 [夏季北信越学生テニス]

THE TENNIS DAILY 9月3日(土)23時0分配信

「平成28年度 北信越学生テニス選手権大会」(新潟県・テニスガーデン新潟、新潟大学コート/本戦8月29日~9月3日)の本戦5日目は、男子シングルス準決勝と男子ダブルス決勝および女子単複の決勝が行われた。

 女子シングルス決勝は加藤真帆(信州大学1年)が第1シードの佐藤由唯(新潟大学3年)を6-3 6-7(5) 6-0で、女子ダブルス決勝は高田萌絵(信州大学4年)/加藤が第1シードの堀綾香/中川愛菜(金沢星稜大学3年/3年)を6-1 6-1で下してタイトルを獲得。加藤は単複2冠を達成した。

 ノーシード同士の対戦となった男子ダブルス決勝は、山崎将太/箸本涼真(金沢大学2年/1年)が木下息吹/渥美拓海(信州大学1年/1年)を6-4 6-3で倒して優勝を飾った。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス準決勝】

○32箸本涼真(金沢大)[4] 6-4 6-1 ●10木下息吹(信州大)

○33小間陸嗣(金沢大)[3] 6-2 6-1 ●54土屋俊介(信州大)

------------------------

【女子シングルス決勝】

○27加藤真帆(信州大)6-3 6-7(5) 6-0 ●1佐藤由唯(新潟大)[1]

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○29山崎将太/箸本涼真(金沢大)6-4 6-3 ●13木下息吹/渥美拓海(信州大)

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○15高田萌絵/加藤真帆(信州大)6-1 6-1 ●1堀綾香/中川愛菜(星稜大)[1]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月3日(土)23時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]