ここから本文です

【U-18アジア選手権】 日本代表、先発は花咲徳栄・高橋昂也、決勝進出を懸けて韓国と激突!

Full-Count 9月3日(土)18時46分配信

5戦全勝で決勝進出を決められるか? 前日7回無失点の寺島はDH出場

 第11回BFA U-18アジア選手権は3日、セミファイナルラウンド第2戦を迎える。日本は韓国代表と対決。先発は、本大会初登板となる高橋昂也(花咲徳栄)が任される。日本はこの試合に勝利すれば、5戦全勝で決勝進出が決定。負けた場合も、台湾-中国で台湾が負ければ決勝進出、台湾が勝った場合でも得失点差で決勝に進出できる可能性が残される。日本の先発メンバーは下記の通り。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

○日本代表
1.松尾大河(三塁・秀岳館)
2.伊藤優平(二塁・八戸学院光星)
3.鈴木将平(中堅・静岡)
4.九鬼隆平(捕手・秀岳館)
5.林中勇輝(一塁・敦賀気比)
6.入江大生(左翼・作新学院)
7.寺島成輝(DH・履正社)
8.納大地(右翼・智辯学園)
9.佐藤勇基(遊撃・中京大中京)
先発 高橋昂也(花咲徳栄)

○韓国代表
1.リー・ジュンフー(一塁)
2.パク・ジュンウー(中堅)
3.キム・ヒュンジュン(捕手)
4.カン・ベクホー(DH)
5.リー・ジョンビョム(左翼)
6.キム・ミンスー(三塁)
7.キム・ハイソン(遊撃)
8.パク・ソンハン(二塁)
9.キム・ソンユン(右翼)
先発 キム・ミン

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月3日(土)18時46分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。