ここから本文です

マドンナジャパンが5連覇へ、野球女子W杯が開幕 初戦でカナダと激突

Full-Count 9月3日(土)18時59分配信

世界ランク1位で今大会も優勝候補筆頭、W杯は現在13連勝中

 マドンナジャパンが5連覇を目指す「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」が3日、韓国・釜山で開幕した。日本は19時開始の初戦で世界ランク4位のカナダと対戦する。

 マドンナジャパンは2006年の第3回大会(日本・松山)から、14年の第6回大会(日本・宮崎)まで4連覇中。12年の第5回大会(カナダ・エドモントン)の第1ラウンドでアメリカに負けたのを最後に13連勝中と圧倒的な強さを見せてきた。世界ランク1位で臨む今大会も優勝候補の筆頭となる。

 カナダ戦のスタメンには、4連覇の全ての大会で日本代表に入ってきた38歳の金由起子内野手、ヤクルト川端慎吾の妹・川端友紀らが名を連ねた。先発はエースの里綾実。カナダは第1ラウンドでは最大のライバルとなる。

 大会は4か国ずつA、B、Cと3つのグループに分かれてオープニングラウンドを行い、上位2チームがスーパーラウンドに進出。スーパーラウンドの1、2位が決勝で対戦し、世界一が決まる。この日はすでに5試合が行われ、日本と同組の対戦はオランダがインドに9-2で勝利。第1、2回大会を連覇しているアメリカは9-1で香港に勝った。

 日本のカナダ戦のスタメンは以下の通り。

1(三)六角彩子
2(遊)厚ヶ瀬美姫
3(中)三浦伊織
4(二)川端友紀
5(左)寺部歩美
6(一)金由起子
7(D)田口真奈
8(捕)船越千紘
9(右)小島也弥
投手 里彩実

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月3日(土)18時59分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]