ここから本文です

5連覇目指すマドンナジャパンが白星発進 逆転でカナダ下し、W杯14連勝

Full-Count 9/3(土) 21:44配信

里が2失点完投、2点を追う3回に足で揺さぶり流れ変える

「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」が3日に韓国・釜山で開幕。5連覇を目指す野球女子日本代表「マドンナジャパン」が初戦で難敵のカナダを8-2の逆転で下し、白星スタートを切った。日本はこれで2012年の第5回大会からW杯14連勝を飾った。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 日本は初回、2死から三浦が中前打で出塁し、二盗に成功。川端が四球でチャンスを広げるも、寺部は三ゴロに倒れた。

 一方、日本先発のエース右腕・里は3者凡退の立ち上がり。日本も2回は3者凡退に終わると、里はその裏に1死からフラニガンに中前打を許す。死球と四球で2死満塁のピンチを招くと、続くボイドに外角低めへの変化球を上手くライト前に運ばれ、2者が生還。先制を許した。

 直後の3回、日本は足でカナダを揺さぶる。1死から1番の六角がライト前ヒットで出塁すると、2死となってから二盗、三盗を決める。ここで相手投手に暴投があり、六角が生還。1点をもぎ取った。さらに、三浦が四球で出塁し、こちらも初球で二盗に成功。川端の中前打で一、三塁とした。川端が初球でスタートを切ると、ボールが二塁に送られる間に三塁走者の三浦もスタート。カナダは二塁手が送球をカットしてバックホームしたが、間一髪で三浦が滑り込んだ。鮮やかな重盗で同点とした。

 その裏、里は圧巻のピッチングで3者凡退に抑え、流れを作る。すると4回、金が死球で出塁し、2死三塁とチャンスを広げた。ここで9番・小島はレフトへのタイムリー。1点を勝ち越した。

 5回には、厚ヶ瀬の四球、三浦のバントヒット、寺部の死球で1死満塁の好機を作ると、4連覇全てで代表メンバーに名を連ねてきた38歳の“レジェンド“金がライトオーバーのタイムリー。さらに、相手の失策絡みで1点を追加し、3点差とすると、6回にも相手のミスで1点を加えると、7回は川端のタイムリーで2点を追加してダメを押した。

 里は4回以降も無安打の快投。2回以外はカナダ打線につけ入るスキを与えず、最終回の7回も無失点に抑えてリードを守り、8-2で勝利。第1ラウンドで最大のライバルのカナダを下し、白星発進となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/3(土) 21:46

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]