ここから本文です

午後はハミルトンが首位。マクラーレンはトップ10発進も、アロンソにトラブル

オートスポーツweb 9月3日(土)0時13分配信

 2016年F1第14戦イタリアGPは、9月2日(金)午後にフリー走行2回目が行われた。トップタイムはメルセデスのルイス・ハミルトンで1分22秒801。2位はチームメイトのニコ・ロズベルグで1分22秒994。3位はフェラーリのセバスチャン・ベッテルで1分23秒254と、メルセデス2台のみが22秒台で、ともにスーパーソフトタイヤでのタイム。ベッテルはソフトタイヤでタイムを記録した。

マノーがメルセデスのジュニアチームに?

 セッション開始時は気温29度、路面42度。天候は晴れ。まずコースに飛び出したフェラーリのキミ・ライコネンがミディアムタイヤでトップタイムを記録すると、チームメイトのベッテルがソフトタイヤで塗り替える。その後、ロズベルグがミディアムで3番手。ハミルトンがソフトでベッテル、ロズベルグのタイムを上回る。10分経過後、首位ハミルトン、ベッテル、ロズベルグ、ライコネン、フェリペ・マッサというトップ5となる。

 ハミルトンは15分経過後にピットへと戻る。開始20分までに、ピレリのプロトタイプを履くマクラーレンのジェンソン・バトンが7番手、マッサが6番手、ソフトを履くハースのロマン・グロージャンが8番手、フォース・インディアのセルジオ・ペレスが10番手へ浮上。トップ10内のドライバーが次々と入れ替わる。

 その後スーパーソフトタイヤを履くドライバーがタイムを上げ、ハースのエステバン・グティエレスが4番手へ上がると、ベッテル、ロズベルグ、ハミルトンの順に次々とタイムを更新。ようやくマクラーレンのフェルナンド・アロンソもコースインを果たし、ソフトタイヤで8番手タイムを記録する。

 その後マノーのエステバン・オコンが、ふたつめのシケインの先、ターン6の手前で失速。VSC(バーチャル・セーフティカー)が導入され、マーシャルによってマシンがコース脇へと移動させられたため、オコンは出走中最少の13周でセッション終了となってしまう。

 折り返しとなる45分の時点で、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、ライコネン、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペン、バルテリ・ボッタス、グロージャン、バトン、1マッサというトップ10。

 後半に入ると、アロンソがピットレーン出口でマシンを止めてしまい、メカニックの手でガレージへと戻るが、のちほどコースへ復帰。スーパーソフトで6番手タイムを記録すると、直後にフェルスタッペンが5番手につけていたリカルドのタイムを更新する。

 残り20分ごろから、各車ロングランへとスイッチ。ハミルトンはソフトでコンスタントに1分26秒台で走り、トータル40周。ロズベルグはミディアムで1分27~28秒台のペースで合計42周。3番手ベッテルはソフトで1分27秒台、トータル33周という結果に終わった。

 フリー走行1回目に出走しなかったフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは、チームメイトのペレスの前で12位フィニッシュ。マクラーレンの2台はアロンソが7位。バトンはセッション前半にスーパーソフトで出したタイムで10位という結果に終わっている。

 フリー走行3回目は、9月3日(土)日本時間18時(現地11時)に開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月3日(土)0時15分

オートスポーツweb