ここから本文です

マクラーレン「アロンソのふたつのトラブルは解決済み」/イタリアGP金曜

オートスポーツweb 9月3日(土)6時12分配信

 2016年F1イタリアGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは13位/7位、ジェンソン・バトンは11位/10位だった。

2016年イタリアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、ハロデバイスをテスト

 セッション序盤にマクラーレンは初めてコクピット保護デバイス“ハロ”のテストを行い、バトンがインスタレーションランを行った。

 FP1終盤にアロンソのマシンにハイドロ系の漏れの問題が発生。チームはランチブレークの間に修理に取り掛かり、FP2開始30分弱のところでアロンソをコースに復帰させた。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 毎年、夏の終わりにイタリア モンツァを訪れると最高の気分になる。モンツァは世界で最も歴史ある、素晴らしいサーキットのひとつだ。 

 ふたりとも比較的スムーズな一日を送った。フェルナンドはFP1終盤にハイドロ系の漏れの小さな問題に見舞われ、午後のプログラムの序盤にわずかながら影響した。彼のマシンを修理し、コースに送り出したが、クラッチに小さな問題が発生。しかしながらどちらの問題もスムーズに解決できた。


 初めてハロのテストを行うチャンスがあり、興味深かった。ジェンソンのマシンに装着し、FP1の初めに短いランを行った。ジェンソンはいくつか所見を述べたが、難点は報告していない。まだ開発段階のデバイスであり、2018年の導入に備えて改良するなか、マクラーレンはFIAとテクニカル・ワーキンググループにフィードバックを提供し、協力していく。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月3日(土)7時11分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。