ここから本文です

ベッテル「新パワーユニットにポジティブな印象」:フェラーリ イタリア金曜

オートスポーツweb 9/3(土) 8:42配信

 2016年F1イタリアGPの金曜プラクティスで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位/3位だった。

2016年イタリアGP木曜 ライコネンとベッテルのサイン会に殺到するファン

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=4位/2=3位
 金曜日は週末の中で一番大事な日というわけじゃないが、しっかり走ることができ、まずまずの速さがあったことは重要だ。

 全体的にマシンの感触はいい。でもさらに改善していく必要がある。すべてのコーナーでいい感触を持てるようにして、うまくひとつにまとめなければならない。とはいえ、それを除けば、第一印象はポジティブだ。

 ここには新しいエンジンを持ち込んできた。予想どおり機能していると思う。金曜にはいろいろなことを試しているから、土曜と日曜にならないと、自分たちの位置は確認できない。

 自分たちのことに集中し、マシンを改善していく必要がある。

 モンツァがF1開催契約を3年延長したというのは素晴らしいニュースだ。このコースはF1カレンダーに必要だ。最高のコースだからね。モンツァは、歴史、伝統、レース、そのものなんだ。

(残りの3トークンすべて使った新パワーユニットについて語り)新しいエンジンで、期待どおりの働きをしているから、ポジティブだよ。

 比較的いい金曜日だ。メルセデスはかなり強力に見えるけど、自分たちの仕事に集中していけば、いい仕事ができるはずだ。

 まだマシンの感触は完璧ではない。もっとパフォーマンスを引き出すために調整する必要がある。多少その作業を進めたが、もっとやれる。自分たちの位置をさらに上に引き上げることができると思う。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/3(土) 8:52

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]