ここから本文です

ロズベルグ「予選モードで走ってみないと跳ね馬との差はわからない」:メルセデス イタリア金曜

オートスポーツweb 9月3日(土)9時41分配信

 2016年F1イタリアGPの金曜プラクティスで、メルセデスのニコ・ロズベルグは1位/2位だった。

2016年第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ フリー走行1=1位/2=2位
 FP1ではマシンの感触はすごくよかった。でもFP2で1ラップのペースが100パーセントとは感じなかったから、今夜、マシンバランスの改善に努めるよ。

 2回のセッションの中で、3種類のタイヤすべてで走ってデータを取ったので、これから分析する。

 モンツァに戻ってくることができてとてもうれしい。ティフォシはいつもどおり熱心に応援してくれている。F1開催契約が延長されて、少なくとも3年はここで走れることになったのは、最高のニュースだ。

(Crash.netに対して語り)フェラーリはエンジンを改善してきたようだけど、僕らは今日はエンジンを抑えて走っていたから、直接の比較はできない。予選の結果を見てみよう。僕は自分の方が上位に行けると確信しているが、彼らとの差はそれほど大きくはない。

 今日は僕とルイス(・ハミルトン)が最速のポジションを争っていて、僕らに一番近い位置にいたのはフェラーリだった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月3日(土)12時44分

オートスポーツweb