ここから本文です

リカルド「フェラーリは予想以上に速い。ミスに期待するしかない」:レッドブル イタリア金曜

オートスポーツweb 9月3日(土)10時39分配信

 2016年F1イタリアGPの金曜プラクティスで、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは10位/6位だった。

2016年イタリアGP サッカーの試合をしたアロンソ、リカルド、フェルスタッペン、ペレス、パーマー

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=10位/2=6位
 今日のセッションを終えてみて思うのは、僕らはほぼ予想どおりの位置にいるということ。フェラーリにもっと近づきたかったけど、スーパーソフトで思うようにタイムを見出すことができなかった。ソフトでは競争力を感じるけどね。

 明日は上位争いがさらに激しくなりそうだ。メルセデスがフロントロウを確保して、そのすぐ下にフェラーリが来ることになると思う。今日の5位と6位はそれほど悪くないけれど、明日に向けてやるべきことは多い。

 モンツァは超高速サーキットだから、レースでうまく機能するマシンがあれば、オーバーテイクのチャンスはある。トップスピードが少し劣っていても、うまくスリップストリームを使い、DRSを活用すれば、抜くことはできるんだ。

 過去を振り返ると、ここでの戦略は1回ストップが主流で、そうなると選択肢が限定される。今日の気温の高さでもタイヤは長持ちしたから、明日以降もそれは変わらないだろう。マックス(・フェルスタッペン)はスーパーソフトでかなりのロングスティントを走り、いい結果を出している。

(ダメージを最小限にとどめるというスタンスで今週末を戦うかと聞かれ)最初からそういうアプローチをとっている。そうはいっても悲観的にはなっていない。

 ここまで連続して表彰台を獲得してきた。ここでもそれを続けられるかというと、不可能とはいわないまでも、可能性は高くはなさそうだ。

 今日の結果からは、僕らが表彰台に届く位置にはいないことが分かる。フェラーリは大きなギャップを築いていた。

 僕らもスーパーソフトからもっと力を引き出すことは可能だから、それができれば助けになる。でも、それにしても前との差は大きい。一方で、ロングランではそれほど悪い位置にいないよ。

 フェラーリは僕らが予想していたよりも大きなギャップを築いている。差が大きいから、僕らが完璧な仕事をして、なおかつ彼らがいくつかミスをしなければ、予選で彼らをとらえるのは無理だろう。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月3日(土)11時5分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]