ここから本文です

「ハースはフェラーリ育成の手段」来季グロージャンの僚友は若手の可能性も

オートスポーツweb 9/3(土) 16:04配信

 ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、フェラーリのドライバー育成プログラムにおいて、チームはひとつの手段になれると話している。

グロージャンはハースへの残留が決定

 ハースは今シーズン、ロマン・グロージャンのパートナーとして、2015年にフェラーリのリザーブドライバーだったエステバン・グティエレスを採用。これはパワーユニットや全指定外部品の供給を受けるなど、フェラーリと親密な関係を築いてきたことで実現したとシュタイナーは説明する。

「フェラーリは今季ドライバー選定の際に手助けをしてくれた。昨シーズンの我々はドライバーを探しており、彼らがエステバンを抱えていたので採用することにした。育成中の安定したドライバーで、彼らのチームに加入するには早すぎるドライバーがいたとする。フェラーリはフェラーリなので、ドライバーを試しに使うようなことは望まないだろう。彼らは完成したドライバーを求めているのだから、1年か2年、育ててほしいと言うのであれば断る理由はない」 

 フェラーリの支援を受けるシャルル・ルクレールも、来季のシート争いに加わる可能性がある。これまでにルクレールはハースから3度のフリー走行に参加しており、今後もマレーシアとアブダビで担当する予定だ。ハースは、まだ10代のルクレールの意欲とパフォーマンスに感心しているが、F1デビューにはGP3でのタイトル獲得が必須条件となる。流クレールは現在は22ポイントのリードでGP3ランキングトップに立っており、スーパーライセンス獲得に向けて挑戦を続けることになる。

 メルセデスでもジュニアドライバーのパスカル・ウェーレインとエステバン・オコンが、エンジンを供給するマノーからF1に参戦している。ルクレールも将来的には自由にフェラーリと話し合いを持つことができるため、状況は似通っているとシュタイナーは言う。

「現状そういった話し合いは何もしていない。将来が期待できるドライバーがいれば、フェラーリと話をする。我々はメルセデスとマノーのように、彼ら(フェラーリ)と近い関係にある。彼ら(マノー)はメルセデスのエンジンを使っているので、あのふたりを抱えているんだ。しかし、いまのところは何の進展もない」

 今季これまでハースが獲得した28ポイントは、すべてグロージャンの功績によるものだ。すでにグロージャンは来シーズンの残留が確定しているものの、もうひとつのシートについての発表はない。グティエレスのパフォーマンスについての質問に、シュタイナーは「彼にとっては厳しいスタートとなったが、それは彼だけのせいではない」と答えた。

「彼のマシンには問題が発生しがちだった。また、彼にはオーストリアで(フェルナンド)アロンソに追突されるという事故もあった。F1にデビューして1年で去るとなったら、新たに入ってくるよりも難しい状況になる。彼はフェラーリのリザーブドライバーを務め、多くのものを見てきた。それから新たにハースに加入してレースをしなければならかった。さらにはロマンとのバトルもある。良いドライバーなので、ロマンを上回るのは難しい。しかし全体的に見て、彼(グティエレス)は良くやっているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/3(土) 16:05

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。