ここから本文です

村井良大、戦国時代に黒縁丸メガネ姿で登場! 『真田十勇士』場面写真解禁

クランクイン! 9/3(土) 11:00配信

 映画『真田十勇士』から、劇中で真田幸村を天下一の武将に仕立て上げる十勇士の一人で、黒縁丸メガネが印象的な海野六郎を演じる若手俳優・村井良大の姿を捉えた場面写真が解禁となった。

【関連】『真田十勇士』場面写真フォトギャラリー


 本作は、天下の名将・真田幸村が、実は臆病者だったという大胆な発想の元に製作され、2014年に大ヒットした舞台の映画化作品。これまで村井は、TV、映画、舞台と様々な分野で活躍を見せ、イケメン俳優の登竜門ともいえる仮面ライダーシリーズにも出演。近年話題となっている2.5次元ミュージカル界にも活躍の場を広げ、『テニスの王子様』や『弱虫ペダル』では主役を張っていた。

 そんな村井が本作で演じる海野は、隠遁生活を送る幸村に仕える頭脳派の家臣。最初は十勇士の発起人となる猿飛佐助を疑うが、やがて心を開き、一緒に戦うことを決意するという役どころだ。2014年の舞台にも同役で出演している村井は映画について「十勇士全員に個性があり、一度見れば好きになる素敵なキャラクターばかりです。面白おかしい、だけど最後泣けるというエンターテインメントな作品ができあがると思います」とコメント。

 また、「撮影は冬でたまに雪も降っているほどの寒さだったのですが、それを弾き飛ばすほどの役者さん・スタッフさんのアツさで画面いっぱいに男気が溢れていると思います」と話し、「舞台でやっていたキャラクターが映画になって映像になっているところをみた時、すごく嬉しかったし、あれだけ大変だった舞台が一生残る映像で映画として残せるということで、感動しています」とも語っている。村井は映画と同時公開となる舞台版で、根津甚八/豊臣秀頼の一人二役として参加しているので、こちらの演技も併せてチェックしておきたい。

 『真田十勇士』は9月22日より全国ロードショー。

最終更新:9/3(土) 11:00

クランクイン!