ここから本文です

芸能人とインスタグラムの相性が良いのはなぜ? インスタ広報に直撃

クランクイン! 9/3(土) 6:50配信

 深田恭子が7月にインスタグラムを開設するや、キュートかつ美しい水着姿を披露。男性だけでなく女性をも魅了した。菜々緒は、インスタグラムで桐谷美玲との不仲説をネタにしてみせるなど、芸能人のインスタグラム投稿が話題をさらっている。芸能人とインスタグラムの相性が良いのはなぜなのか?インスタグラム広報担当・市村怜子さんに話を聞いた。

【関連】インスタで美しい水着姿を披露した「深田恭子」フォトギャラリー


 そもそも、インスタグラムの特徴・利点とは何なのだろうか?「インスタグラムは、世界観やクリエイティビティで人々が繋がり、ビジュアルコミュニケーションを牽引しているモバイルアプリです。一番の利点は、写真や動画などのビジュアルを通して、独自のコンセプトや世界観を効果的に伝えることができる点です」と市村さん。

 なるほど、独自の世界観や個性がウリとなり“表現者”である芸能人にとって、「ビジュアルを共有してコミュニケーションをする」というインスタグラムの特性は、相性抜群の様子。これまではスクリーンやテレビを通して存在をアピールしてきた彼らだが、気軽に画像や動画をアップできるようになったことで、インスタグラムを自身の個性や世界観を伝える“表現の場”として楽しんでいるのだろう。

 最近、インスタグラム上で人気が急上昇しているメンバーを聞いてみると、「高畑充希さんは、今年開設したばかりですが、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のオフショットや、主演映画の告知、自宅の風景を公開し、多様なコンテンツを展開してファンを魅了しています」とのこと。

 さらに「山崎賢人さんもこの夏に開設したばかりですが、月9の主演ドラマ#好きな人がいることなどのハッシュタグを使って、共演者の桐谷美鈴さんとともに、番組制作の未公開シーンをシェアし、人気を博しています」と言うように、撮影のバックヤードや共演者とのプライベート感あふれる投稿をシェアしているメンバーの名前があがった。こうした裏側を見せることで、視聴者にとっては作品への親しみも沸くもの。

 また桐谷といえば、あれだけの美女であるのに、どじょうすくい姿などヘン顔もインスタグラムで公開しており、世間にたっぷりと親近感を与えている。スクリーンやテレビでは伝えられない、作品や個人への“親しみ”もインスタグラムでは表現することができ、イメージアップにつながっていると言えよう。


 広報の目から見て、使い方がうまい!と感じる人はいるだろうか。すると「EXILEや三代目J Soul Brothers、SEKAI NO OWARIなど、ミュージシャンは確固とした世界観を持っている方が多く、それをそのままビジュアルで表現できるため、インスタグラムの活用も上手だという印象があります」とミュージシャンの表現力を絶賛。

 俳優では「ディーン・フジオカさんがドラマ『ダメな私に恋してください』の撮影中に撮りためた写真やダンス映像を使ってオリジナルシングルと題したおもしろ動画を公開したり、共演者とミニコント動画を制作するなど、動画を積極的に活用されています」と、ディーンの技アリの投稿に舌を巻く。

 作品の魅力をアピールする場所として。そして自身の世界観や個性を伝える場所として。芸能人にとって、インスタグラムは自己プロデュース能力を発揮できるフィールドとなっているようだ。(取材・文:成田おり枝)

 また、24時間でコンテンツが自動的に消える「インスタグラム ストーリーズ」という新機能も展開。リアルタイム感を大切に、そのときどきの瞬間を捉えてシェアするのに適している機能で、日本では早くも渡辺直美や木下優樹菜、ぺこ、小籔千豊らが活用を始めている。

最終更新:9/3(土) 6:50

クランクイン!